2012年09月14日

バッティング コツ 〜凡打を繰り返すあなたへ〜

ボールをひきつければひきつけるほど、ストライク、ボールの見極めができるからです。
バッティングで打率をたかめるにはストライクボールに対してスイングをすることです。
そしてそのストライクボールをバットの芯でとらえる確率をたかめることです。

当たり前のことなのですが、これがなかなか難しい・・・。
やっている人はわかってもらえると思います。
でももう一度基本を考えてください。
凡打がつづくとヒットがほしいためにどうしてもボール球に手を出しがちです。
そうなるとバッティングフォームまで崩し、悪いスパイラルになり、いわゆるスランプになっちゃいます。

ピッチャーはバッターまでの間でボールを変化させ、ストライクからボールになるコースで勝負するのがオーソドックスな攻め方です。
そもそもストライクゾーンとはなにか?
それはバッターがヒットできるエリアということです。
だからピッチャーからすればヒットできないボールゾーンで勝負したい。
ストライクゾーンにいくような軌道でさそっておいて、バッター手前で変化させボール球を打たせてとる・・・。

つまりボールを見極めるにはできるだけボールをひきつける。
そのためには以下の前提が必要になります。

●バットスイングがはやいこと→振り遅れたらバッティングになりません。
●体の回転でバッティングスイングができること→内角のボールにつまらない。

スイングは素振りなどの練習に身につけましょう。
体の回転で打つということは、スイングの過程で体がピッチャー方向にいかないということです。
腰を回転させるとバットがついてきますよ。

西武のホームランバッター中村選手はスイングするとき左足はタイミングをとって、地面につくだけだと
いっていました。体重を軸足にのこしたまま、左足をおろし、そのまま回転しているそうです。
だから、ボールをひきつけても内角でつまらずホームランできるんですね!


▼球速アップ、カーブのキレが増す方法を惜しげもなく公開してます!


【野球】ベスト・ピッチング!プログラム

▼ホーム打者になる具体的な方法を紹介しています!

■7日間スラッガー養成プロジェクト

EL103_L.jpg

▼野球肘になったあなた、野球をあきらめる必要なし!治療実績多数あり。
ボールを投げるのをやめるだけでは時間がかかるし再発も心配ですよね。

script type="text/javascript" src="http://www.infotop.jp/click.js">
「野球肘0人プロジェクト」〜子供から大人までお子様を野球肘から守り、救い出す方法〜






posted by ウルトラマン at 20:00| Comment(0) | 草野球 バッティング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。