2013年06月27日

野球・ピッチング|ボールの緩急をつけてバッターのタイミングをくるわすとは具体的にどういうことか?

ピッチングの基本は、バッターのタイミングをずらすことです。
1.2.3(いわゆるちゃー・しゅー・めん)でバットを振られるのをさけたい。
1.2.3.4〜とか、1.2.などのタイミングなどバリエーションをつくる。

そのためには同じフォームで投げるボールがホームにくるまでの
違うとバッターはタイミングがくるう、というかあわせにくい。

さてどうするか。
ここで緩急をつけるということになる。
ストレートとカーブの組み合わせが一番時間差がある。
初球カーブではいり、2球目をストレートを内角にねらってみよう。
つまりますよ〜。

もうひとつ、フォーム自体をかえる。
クイックでなげるという方法だ。
足をあげないで突然投げると、バッターはとまどいますよ。
こすい手かもしれませんが、プロでもやっています。
ルール違反じゃありません。

是非試してみてください!

★参考情報★

@速球を投げる体の使い方がわかる!速球を磨けば変化球が活きてくる。是非参考にしてください。
→■ ピッチング・スピードアッププログラム

Aピッチングフォーム、キレのある変化球の投げ方、体重移動、プレートの使い方など1ランク上を
目指すあなたにオススメです!
  →■ 元読売ジャイアンツ投手橋本清のピッチングのノウハウ


EL097_L.jpg


わーい(嬉しい顔)こらちのブログも参考にどうぞ!

→草野球初心者向け 打率をあげるバッティング








posted by ウルトラマン at 23:55| 草野球 ピッチング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。