2013年07月22日

野球・ピッチング|足をあげたときに上体が傾いてはキレのあるボールはいかない!

足をあげたときに上体が前に倒れたり、後ろにのけぞったり
していないかチェックしましょう。

自分ではなかなか気が付かないので
といっても他人も信用できないので(笑)
ビデオをとるのが一番かと思います。

プロ野球選手のスロー映像をみてください。
右ピッチャーであれば、左手=グローブをもった手で体をおさえながら
体の回転を腕だけに集約していますよね。

それでできるだけキャッチャーよりでボールをリリースする。
力強く、バネの効いた体幹をいかしたピッチングってすげ〜っておもいますよね。

逆に、そってしまう場合は投球動作のそれまでに貯めたエネルギーが分散してしまい
リリースまでつながらないようです。
それとボールをリリースするのがやや後ろになる傾向があり、それだけバッターに
ボールをロックオンしやすくなりますよ。

さっそく家庭用ビデオをつかってチェック、チェック!
(家庭内不和に注意!)

@速球を投げる体の使い方がわかる!速球を磨けば変化球が活きてくる。是非参考にしてください。
→■ ピッチング・スピードアッププログラム

Aピッチングフォーム、キレのある変化球の投げ方、体重移動、プレートの使い方など1ランク上を
目指すあなたにオススメです!
  →■ 元読売ジャイアンツ投手橋本清のピッチングのノウハウ


EL097_L.jpg










posted by ウルトラマン at 01:37| 草野球 ピッチング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。