2012年06月16日

野球 肘の痛み 治療とトレーニング

 肘の痛みはまず投球をやめることです。
   がまんして投げちゃうんですよね・・・気持ちはわかりますが、無理をすると
   怪我が長引くことにないますし、自分の100%の投球ができないもどかしさの
   まま投球を続けることになってしまいます。


   であるならば、勇気をだして監督に報告し、投球を中止、治療に専念したほうが
   ながい野球人生にとっていいですよ。
   エースの座は完治をしてから取り返しましょう。
   それくらい肘の痛みは投手生命にかかわります。


   さて、接骨院の選び方です。
   一般的な接骨院での治療より、スポーツ接骨院での通院がすすめです。
   最近はスポーツ医学も発達したのか、野球肘、テニス肘など特定スポーツの
   治療もノウハウがあるようです。


   その分野に精通し、多くの治療事例にかかわったスポーツ接骨院に
   いきましょう。紹介などがあれば、とびこみよりもその治療院の実力が
   わかるのでオススメですが、そうでなければ看板・web広告等で
   スポーツ治療、とくに野球を強く打ち出しているところがいいでしょう。


   こういう検索の仕方があります。
   高校野球の強豪高ちかくには、ご用達のスポーツ接骨院がある場合があります。
   高校が終わる夕方の時間帯はやたら混むという欠点はありますが
   怪我を治療した経験値はかなりたかいと思われます。
   自分もこの方法で随分お世話になりました(笑い)。



posted by ウルトラマン at 14:24| Comment(0) | 草野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月15日

★野球:肘を痛めない投球フォーム★ ★野球:肘を痛めない投球フォーム★ 野球:肘を痛めない投球フォーム

野球をやっていると肘の痛み を感じることがありますね。

小学生のときに、長めの上下に枝を振り回していたら、真ん中でポキット折れたことは
ありませんか?
あれは枝を振るという行為が、枝の一部に負担がかかり折れたということです。

ところが、その枝を単純に上下に振るのではなく、8の字に振ったらどうでしょう?
これがなかなか折れないんですよ。
負担が分散するからですね。

投球も同じです。
腕を単純に振っていては肘に負担がどうしてもかかります。
そこで投球は腕を内側にひねりなら、ボールをリリースする瞬間だけ
手のひらがキャッチャー方向に向くようにしましょう。

これにより肘への負担が減る一方、投球動作がながくなり
ボールが伸びるようになります。
自分はこの投球動作がながくなる方法を滑走路≠ネがくるという
イメージをもっています。
是非、やってみてください。
なお、プロ野球の速球投手はこの方法をとっています。
スローの投球再生をよ〜くみてみてください。


posted by ウルトラマン at 01:23| Comment(0) | 草野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月27日

残塁が多い!それでも相手の乱調で勝利!

野球シーズンですね、とっても暖かい。
今日は相手投手の乱調に助けられランナーを出すものの
最後の一本がでない負けパターン・・。

ところは今日は相手投手の復調がみられず
そのうちなんとか1本がでた。
が、相手の長打で同点。
最後、二番手投手が低めを打たせてとる投球でしめた。

なんともとにかく勝てたことでビールがうまい!
posted by ウルトラマン at 17:35| Comment(0) | 草野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。