2012年04月04日

大阪桐蔭、優勝!難波のダルビッシュのハイブリット投法と猛打線!

藤波投手はスコアリングポジションまでいくと本気で投げるという
ハイブリット投法だ。それまでは多少打たれても構わないというやや
省エネがみえみえだ。

藤波投手はプロにいくだろう。
ここ5年ほどでマー君、ハンカチ君にならぶ逸材であることは間違いない。

ストレート、多彩な変化球にくわえ、その恵まれた体格は
よりホームベースよりでのボールのリリースを可能にする。

バッターからみたら目の前の至近距離から投げつけられている
感覚だろう。

プロだって150kmになると狙い球をきめていかないと対応できないと
いう。まぁ、それを打ち返す相手チームもすごい。

高校生が150kmを打ち返すなんてね〜。
さすがに変化球をまぜられるとボールの見極めは難しかったと思うが
プロだって難しいのだ。

大阪桐蔭と対戦した花巻、九州学院、浦和学院、専大高崎、青森山田いずれも
すごいバッティイングだった。

自分たちの時代には考えられませんな〜。
そもそも我が孝行には120kmほどしかでないバィィングマシンしか
なかった。

以上


posted by ウルトラマン at 14:53| Comment(0) | 高校野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

高校野球決勝は4日に延期!どんなドラマがおきるのか!

これで浪速のダルビッシュは肩を休めることができましたね。
全力の力対力がみれそうです。

それにしても東北代表、青森山田は強い。
全国から集めてるんだろうな〜スポーツ学校ですものね。

でも今年は震災からまだまだ復興途中の東北には
力になるでしょう。

是非頑張って!
自分はたまたま明日有給で会社を休み!
じっくりみますよ〜。

以上
posted by ウルトラマン at 02:27| Comment(0) | 高校野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月02日

やっぱり、横浜・渡辺監督抗議が話題に!ダルビッシュブログでコメントも

あ〜はじまっちゃた。
ダルビッシュが抗議!なんで監督が審判に抗議に疑問を呈している。

当のダルビッシュも高校時代に審判になにかと注意されている。
思い出したのだろうか。

横浜の監督はルールに疑問を呈したというよりも
感情的にビデオをみてくれ≠ニいったにすぎないので
レベルは低い。きっと選手はこのようなあの世代独特の単細胞頑固おやじ
には苦労していることだろう。
人の意見などきくタイプではない。

審判で自分を見失うのだ。
目下の選手にはどんな対応だろうか。

ダルビッシュの意見には一理ある。
審判に対して、選手主将からしか抗議をみとめないとは
なぜか。

対等な大人同士で話し合うべきではないだろうか。
勝敗が目的ではないものの、理不尽で一方的な判定に対しては
一定の抗議する手段があってもいい。

それこそ大人社会であり、民主主義だ。

自分の思いを自分の言葉で論理的に伝える力が未熟な
高校生より、その声をきいて監督なりがかけあうのが
フェアだと思う。

▼球速アップ、カーブのキレが増す方法を惜しげもなく公開してます!       
【野球】ベスト・ピッチング!プログラム

posted by ウルトラマン at 22:51| Comment(0) | 高校野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。